【採用のご案内】teacher's Voice
【採用のご案内】teacher's Voice

完璧は求めず、肩の力を抜いて…
子どもたちの笑顔が一番のエネルギー源です

吉松先生(2005年〜)

Q.幼稚園の先生になるきっかけを教えてください。

 母が保育士として長年働いていて、それを見て育った影響もあり、ライフステージの変化に影響を受けやすい女性が仕事を続けるためには資格を持つことが大事だと考え幼稚園の先生になろうと思いました。
 実は、金沢白百合保育園に就職できなかったら違う仕事をしようと思っていたんです。私が通っていた学校は東京都内にあり、神奈川県の求人情報が少なくて、実家から通える幼稚園はここだけでした。学校の先輩が働いていて、「いい職場だよ」と勧めてくれたのも金沢白百合幼稚園で働くことを決めた大きな理由です。

Q.お子さんがいらっしゃるとのことですが、仕事を続けながらの結婚・子育ての両立はどうですか?

 母も保育士としてずっと仕事を続けていたこともあり、子どもを産んでも仕事を続けることに抵抗はありませんでした。とはいえ、仕事と子育ての両立はなかなか大変です。朝はバタバタとして忙しいですし、家族の協力が大事だなと実感しています。
 子どもが体調を崩して急に早退や休みを取らなくてはならない時も、遠慮なく申し出ることができるので助かっています。

 当園では、子どもが3歳までは、体調不良などによる急な早退・休みが有給休暇にカウントされません。私は産休・育休を10か月ほど取りましたが、休み明け後の1年間は担任をせずにフリーで働かせてもらったので無理なく復帰することができました。園長が、仕事と家庭を両立したい先生たちの意見を聞きながら働きやすい制度を考えてくれるのは有難いです。しかも「効率よく仕事をして、プライベートも大事にするように」という考えを持っているため長く残業をすることはなく、早く家に帰ることができます。かといって仕事はおろそかにせず、より良い教育環境を目指して先生同士で協力し合えるところが、金沢白百合幼稚園の良いところだと思います。

Q.幼稚園の先生を目指す人にアドバイスをお願いします。

 世間からはよく「保育に関わる仕事は大変だ」と言われていますが、私は仕事をしていて子どもたちに救われることが多いです。大変だけれどやりがいがありますし、子どもたちの成長を見届けることが私の喜びであり、エネルギーの源です。金沢白百合幼稚園の子どもたちはとても伸び伸びとして子どもらしく、親御さんもあたたかい方ばかりで、いつも笑顔であふれています。
 私は、子ども一人ひとりに寄り添うことに手を抜かず、子どもたちにとっても自分自身にとっても幼稚園での時間を大事に過ごしたいと思っていますが、完璧は求めず、肩の力を抜いて、「子どもと一緒に成長しよう」と思うことが仕事を続ける秘訣だと思います。子どもたちのかわいい笑顔を見ると、「あぁ、この仕事をして良かった」と思いますよ。

☆職員のための子育て支援について、園長に聞きました!

 子どもと関わる仕事だからこそ、当園職員のための子育て支援を充実したものにしたいと考えています。産休・育休はもちろん、復帰後の働き方についても子育てと両立しやすい環境を整えています。

 当園では約半数の職員が既婚で、子育てをしながら担任を持っている先生が何人もいます。保育に支障が出ないように全職員が責任感を持って、互いに協力しあっています。
  既婚・未婚に関わらず、プライベートも大事にして自分の人生を充実させながら、笑顔で元気いっぱいの先生でいてください。

 また、結婚や子育てなどで離職した先生に対しても、幼稚園教諭免許更新の手続きや再就職の相談などカムバック支援を積極的に行っており、現在もOGの先生が何人も働いてくれています。

採用情報はこちら

▲page top